初めてのワードプレス

ワードプレス

ワードプレスを初心者が始めて作る時の作業手順

ブログって面白そう~ブログに広告を貼れば、稼げるらしい!!
こんな動機でwebサイトやブログを初めて作る方。

無料ブログを使うと 簡単にブログを作ることができますが、自分がブログの記事を書いて 少しでも広告収入を稼ごうと思えば、無料ブログを使用して 無料ブログサービスを稼がすことはありません。

自分で稼ぐためには 作ったサイトは資産になりますから、独自ドメインを取得して、レンタルサーバーを借りて自分のwebサイトを作りましょう。

まずは 初めて webサイトをつくる時の手順をご紹介します。

1 独自ドメインを取得
2 レンタルサーバーを契約

3 独自ドメインをレンタルサーバーに割り当て
4 独自ドメインをSSL設定する。

5 私のおすすめシステムはワードプレスです。ワードプレスをレンタルサーバーにインストール
6 パーマリンクを設定する

7 ワードプレスのテーマを設定
8 ワードプレスのウィジェットを設定

9 ワードプレスにプラグインを設定
10 コメント欄を非表示にする場合は初めに設定しておくとよいです。

ここまで設定して やっと記事を書くところまでたどりつきましたが、もう少し設定すると便利な使い方ができます。

スマホでもワードプレスで記事を書いたり、アクセス解析をチエックしたい時はiPhoneとandroid対応の「WordPress」 のアプリを入れるとよいです。

「WordPress」のスマホのアプリのよい所

1 サイトを登録すると、自分のサイトをスマホで簡単に確認できる。
2 スマホで記事を書いて投稿できる
3 ワードプレスのダッシュボードから「Jetpack」のアクセス解析(統計情報)が確認できる。

私はスマホで記事を書いたり、投稿したりはしませんが、パソコン画面で作成したサイトがスマホだと どのように見えるのかを確認するのに使用しています。
それと外出先で 時間があると「Jetpack」のアクセス解析(統計情報)を確認しています。

プラグイン「Jetpack」 はアクセス解析以外にもいろいろな機能がある高機能なプラグインです。
このプラグインはパソコンで設定した方が 簡単だと思います。

自分の資産になるサイトを作成するのに必要な経費は 独自ドメイン代とレンタルサーバー代、
ワードプレスのテーマを有料テーマを購入して使用する時はテーマ代が必要になります。

多少の経費はかかりますが、自分のサイトを作ってお金を稼ごうと思えば必要な経費です。

2006年にブログを開始した時は FC2ブログやseesaaブログなどの無料ブログを使用
    ↓
ライブドア有料ブログを使用
    ↓
独自ドメインを取得し、レンタルサーバーを借りて「アドサイトプロ」というシステムでサイト作成
    ↓
2017年から ワードプレスを使用。

「アドサイトプロ」というシステムをとても長い事使用していましたが、いつの間にか販売者が事業をやめていて Xserverが「MySQL 4(MySQLデータベースのバージョン 4)」 のサービス提供終了に従い、「MySQL 5.5」に変わりましたが、「アドサイトプロ」のシステムが「MySQL 5.5」に対応していませんでした。

その為に長い間作っていたサイトが消滅してしまいました・・

この教訓として やはり自分でサイトを作っていく為には システムのバージョンアップなどにも気を使い、対応していかなければなりません。

そうなりますと、多くの人が使っているワードプレスは情報も豊富で、レンタルサーバーにもワードプレスの自動インストールが付き、自動アップデートの対応もしてくれるので とても便利だと思います。

現在のスマホ 全盛の時代にはwebサイトもレスポンシブ対応していないと グーグル様からのアマセスも来ないですからね。

スポンサーリンク

最近の記事

  1. 遠近両用眼鏡のデメリット
  2. メガネスーパー
  3. 楽天銀行カードローン
  4. 楽天銀行カードローン
  5. ソニー損保
  1. iphoneの高価買取

    買取

    iPhone iPad mac miniの高価買取体験談
  2. 解凍ソフトと文字コード変換ソフト

    サイト移行

    大きなサイズのバックアップファイルを解凍するには
  3. ワードプレス プラグイン HTML Import 2

    サイト移行

    ワードプレスのプラグイン「HTML Import 2」 の使い方
  4. 自動車保険の見直し

    保険

    ソニー損保で自動車保険の見直し
  5. 楽天クレジットカード設定

    クレジットカード

    初めての楽天クレジットカードの設定や使い方
PAGE TOP